Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe
少し春めいてきましたね。手持ち無沙汰な時、温かいお茶のお供にでもして頂ければ、うれしいです。

マック、その恐るべき魔力

ダイエットを始めて、ゆる~いカーブを描きながら減り始めた体重。

お腹が鳴るのを我慢して間食抜いていると言うのに、さすがに長年かけて蓄えた脂肪はなかなか落ちません。そして、体が「カロリー摂取量微減!飢饉だ!餓死だ!即、備えよ!」という自然防衛システムの命令に従い省エネモードに変換されたのか、春の陽気で暖かなはずが、仕事をしていると手足が冷えてきて困ってます。

子供達がだんだん薄着になるのを横目に…そっと厚手の靴下をはき、カーディガンをはおり…。

 

それでも、甲斐あって1キロ減り、「やった~っ!」と喜んでいた2日前の事。

子供にせがまれてマクドナルドへ。

 

おフランスでは何故かマックは大人気。学校がお昼前で終わる水曜のお昼時などは駐車場も一杯で、ドライブスルーを待つ車が表の道路に行列を作るほど。で、中はと言えば、子供連ればかりかと思いきや、いかにも会社のお昼休みというカチッと決めたスーツ姿のお兄ちゃんや、お姉ちゃん、新聞広げるおじいちゃんにおばあちゃん、そしてメインの子連れ家族と、とにかく賑わってます。

ちなみにこちらのハッピーセットは通常の🍔、🍹、🍟に加え、ヨーグルトやらフルーツまでついてきます。もちろんオモチャも。この間などは、ハッピーセットと他のセットメニューを合わせて注文すればDVDが付いてくる、というキャンペーンまでありました。(ちなみに、このキャンペーン中、我が家は「ヒックとドラゴン2」を入手し、マックの後、娘が観ながら感極まって泣いてました…。)

とにかく、フランス人を魅了して止まないマックですが、混んでいる時に行くと作り置きのポテトがちょっと今一つ。でも、注文は全て大きなタッチ画面なので、フランス語不要なのはストレスフリーで嬉しい所。目の前に美味しそうなメニューが並ぶので目移りしてしまい、決めた物だけを買っていた以前に比べ少し財布の紐が緩みやすいのは困りもの。これもマックの戦略です。

でも、何より子供が喜び、お昼を作る手間が省けるので、「時々だし、いいか」になっちゃうんですよね。

 

そこで、本題。

めでたく、1キロ減った私は、「ちょっとカロリー高そう…」とは思ったものの、それほど気にもせず、いつものフィッシュバーガーのセットを注文。途中でお腹が一杯になったけれど、残したりするのは信条に反するため、完食!

あとは、極普通に一日を過ごして…

 

次の日の朝、体重計に乗ってみて、ギョギョギョッ!!

減らしたはずの1キロがすっかり戻って、しかも+100g!=67.6㎏!!!

どういう事ですか、皆さん!分かるように説明してください!

お腹が恨めしく鳴くのを、聞こえないふりをしながら、コーヒーだけをすすって、3日間かけてようやく減った1キロが!

それが、たった一度のマックで戻るんですか!

これは、どう考えても、おかしいでしょ…。

 

ダイエットは単に摂取カロリーが消費カロリーを下回っていれば、成功するはずではなかったのか。

どうしても、納得いかないので、カロリーをチェックしてみました。

www.mcdonalds.co.jp

フィッシュ=341kcal

フライドポテト(M)=424kcal

リプトンアイスティー(M)=100kcal(日本のメニューにないので予測値)

合計=865kcal

 

そして、私の基礎代謝量は1400カロリーで、一日に消費されるのは2400カロリーらしい。

slism.jp

という事は、単純計算で1日2000カロリーに制限すれば、自然と痩せるはず…、ですよね!

とすると、一食に865 kcalは、やっぱり多い。それは分かる。

…にしても!1回で1キロって…??

 

その日は、色々考えて、「過剰なカロリー摂取があったからといっても、流石に一日で脂肪になるはずがない。今日節制すれば、きっと明日には元通りになってるに違いない…」、などと甘い期待をしていましたが、

 

昨日の朝。67.5キロ。

 

全く、変わってないじゃない!!

なによっ!完全に振り出しに戻っちゃったじゃない!

 

という訳で、現実は現実。

そう、受け入れるしかありません。

 

マックには常識や理論的な思考は通用しないのです。

マックの誘惑に負けて、後ろめたさと共にその食べ物を口にするやいなや、その隠された力が遺憾なきまで発揮され、体は消化器官をフル稼働させ、その麻薬のような甘いカロリーを、同じ白身魚のソテーを食べる時とは比べ物にならないような驚くべき効率で吸収し、蓄え、その結果、まるで、摂取されたカロリーが倍増されたかのような影響がでる…。

そこには、科学を逸脱した恐るべき魔力があるに違いありません。

 

67.5キロの重い現実。

教訓:ダイエット。侮るなかれ、マックの力。

半引きこもり生活脱出記念(4) ~好循環を止めないための努力(と娘)~

もともと出不精な私。

 

でも、今回、半引きこもり生活を脱出すべく活動を開始した結果、少しずつですが人との繋がりが広がり、外出する機会が増え始めました。

活動を開始するきっかけになったのが11月中旬。そして徐々に動き始めたのが12月後半。それまでは、買い物と子供達の学校や病院への送り迎え以外、出掛ける事など皆無に等しかった私が、週に1度は打ち合わせや準備のため外出するようになり、その都度新しい刺激を受けてアイディアが湧き、やりたい事がまた一つ増えて、カレンダーが色づいていく様子が新鮮でストレスは多少あるものの嬉しい毎日でした。(かなり増えた抜け毛の量が武勲の証…?)

 

しかし、ここへきて、難関がやってきました。

 

活動を通して知り合ったアーティストの方が参加する展示会に招待されたのです!あくまで趣味の範囲ですが、アートに興味がある私は、以前「展示会などあれば、知らせて下さい」とお願いしていたのを覚えていて下さって、招待状を頂いたのです。ですが、その展示会会場は…

まさかのパリ

 

この田舎へ越してきて2年半、一人でパリに行ったのは…、たったの1回…。

 

そう。出不精の私にはパリは遠い別世界…。

 

頂いた招待状を手に、

「行きたいけどな…。

 はぁ~、…でも、遠いよな。

 …寒いしな。…それに最近物騒だし。」

 

このウダウダを、展示会が始まるまでの10日間、来る日も来る日も、延々と心の中で繰り返しては、天気予報を2度、3度とチェックしてました。

 

そして展示会も残すところあと3日間となった日。これまでずっと曇りや雨が続いていたのに、突如として「明日、午後☀。最高気温11度」…!

2月中旬。こちらでは、晴れて日中10度以上なんて、珍しいんです。

 

『さぁ!どうするんだ!これでも行かないのか?』

…ドスのきいた声が何処からか聞こえるよう。

 

怖い自分に脅されながら、半ベソで恐る恐る、パリの地下鉄マップを取り出し、会場までのルートを見てみる事に。

 

…すると、最寄りの駅からパリへ行く電車の終点、Gare de Lyonから何と地下鉄一本で行けちゃう場所。それも、駅から徒歩2分って!

 

『オイっ、どうするんだよ!これでも行かない理由があるってのかぁ?』

あぁ~、なんだか脅しに凄みが増して、不気味に冷たい金属で頬っぺたペタペタされてる気が…。(ひぇ~っ。イヤな汗が…)

 

重いため息を一つついて、『パリに一人で行くのか…』とほぼ観念して、憂鬱さを湛えた目でグーグルマップを眺めていると、会場のすぐ側に科学博物館が…

 

(!!!)

 

子供達にとっては冬休み最後の週末でした。(おフランスでは約6週間毎に2週間のバカンスがあります。)

 

『もしかして、○○が(←娘)一緒に来てくれるかも!?』

ムクムク…  ちょっと勇気が湧いてきました。(←そう。自分のためには動けなくても娘のためになら、ちょっとは無理がきくというもの。これが親心というものかぁ。)

 

そこで、ホームページで入念に調べて確信を得た私は、何気な~く娘に

「ねぇ~、明日晴れたら、ママと一緒にパリに行く?」

 

しかし、親同様、お家大好きっ子の彼女は案の定あまり興味を示さず、絵を描く手を止めもせず、

「うん?パリぃ?…何しに行くのぉ?」(←すぐにイヤとは言わず、一応聞いてくれる所が好き。)

 

フフッ。でも、母は知っているのだ。娘が色々手に触れて体験できる系の博物館に目がない事を。

 

「あのね、ママが行こうと思ってる展示会の隣に科学博物館があるのよ(←さっき見つけたばかりなのに、知ったかぶり)。東京で行った科学博物館覚えてる?あんな感じよ(←行った事はないし、東京程ではない事もホームページで知っていたが、背に腹は代えられぬ!母には勇気が必要なのよぉ~)それにプラネタリウムもあるみたいよ。」

 

娘の目が輝きました。(←それを見た私の目も輝き、見つめ合う二人。何と美しい母娘像!)

 

「え~っ!私も行くぅ~!!」(←ヤリマシターッ!)

 

自分の弱さにはちょっとゲンナリしながらも、母の強さを発揮させてくれる娘に感謝しながら、翌日、二人でパリへ~!

 

結果、博物館で5時間、展示会で1時間半と、ちょっと、くたびれましたが、盛沢山で充実した一日でした!

 

f:id:yamatopiece:20170311182154j:plain

グラン・パレの広い展示場に所狭しと並べられた絵画、版画、彫刻、ドレスに至るまで、とにかく個性のある様々な作品が集められていました。

f:id:yamatopiece:20170311182239j:plain

 

f:id:yamatopiece:20170311182551j:plain

訪れるお客さんも、小さな子供からお年寄りまで、大盛況。

普段は美術館など、退屈がってあまり興味を示さない娘も、科学博物館で走り回った後にも関わらず、興奮してあーでもない、こーでもないと一つ一つに感想を言って回っていました。

 

やはり、由緒ある美術館は貴重な美術品を展示してあるので、これだけ近い距離で自由なアートに触れる事ってできませんもんね。

 

言ってみれば、ルーブルやオルセーなどは、アーティストや時代背景、作品のテーマなどに思いを馳せながら、作品を静かに深く鑑賞する空間で、どちらかと言うとクラシック音楽的な場所。それに比べ、こういった現在活動するアーティストの作品を集めた展示会は作品に込められた情熱を生き生きと感じ、自身の創造力が刺激され、エネルギーを貰える、ポップスやジャズ的な場所といった感じでしょうか。

 

とにかく、老若男女問わず、人の心を動かし、刺激する。これこそアートの神髄ですね!

 

これも、娘のお陰で、出掛ける事ができた産物。

自分にも少し自信がつきました。

 

展示会に出展されていた知り合いのアーティストの方の作品については、別のエントリーで詳しく紹介したいと思います。

 

 

 

 

晴天なり、晴天なり。本日も私の脳は晴天なり。

脳天気。

人に言われると何だか貶され馬鹿にされているような気もするこの言葉。

でも、自己評価する時に使うと何だか誇らしい…(私だけ??)

 

昨日、病気療養してらした知り合いの方に半年ぶり位に会いに行きました。

仕事にも復帰されたと聞いたので、快癒祝いのお花と、これからも順調な回復を祈って有機果物の盛り合わせなど持っていきました。

 

お茶を出して頂き、ソファーに落ち着いた時、彼女から

「あらっ?○○さん、何だか若返ったみたい。5才位!」

それを聞いた私、

「え~っ?そうですかぁ~?別に何もしてないんですけどぉ~。」(全く喜びを隠せてない…)

 

『手土産を持って、久しぶりに会いに来てくれたんだし、何かいい事言ってあげたいな。』

ただ、それだけだったに違いないんです。

 

でも、脳天気。

 

まず「お世辞よ。」などと考えないのが恐ろしい。

自制心や謙虚な心は影を潜め、昨日、「写真に写る現実が受け入れられない」というタイトルでブログを更新したばかりだと言うのに、鏡を見るのさえ避けている自分がいると言うのに、ちょっと嬉しい事を言ってもらうとすぐに頭にのってしまう、私。

 

豚もおだてりゃ木に登る…。

 

久しぶりに褒められて、嬉しすぎて、思考回路が無茶苦茶になりました。

「もしかして、楽しい事一生懸命やってるから、キラキラしてるって事かしら…?ウフフ」

「もしかして、ここの所、毎日忙しくってヘトヘトだけど、夜よく眠れて成長ホルモンとかドンドン分泌されて、まじで若返ってるとか…?ウフフ」

「もしかして、ちょっと痩せたら、案外まだまだいけるとか…?ウフフ」

…と、留まるところを知らないのである。

 

でも、よく考えてみると、脳天気なのはラッキーじゃないでしょうか。

お世辞でも皮肉でも、それをいい風に受け取って、気分がルンルンになるんですから。

 

人によっては、そんな私を見て、「フン。本気にしちゃって、バカみたい!」と思っているかもしれません。だけど、いい大人はそんな事口に出して言いません。それどころか、自分が皮肉をタップリ込めて発した言葉が相手に通じるどころか、かえって喜ばせてしまったとなると、きっと意地悪をまた言う気もなくなるかと思います。せっかく色々考えて、嫌われるような事を言ったのに、「ありがとう!」と言われて、面倒くさい人から好かれちゃうと大変ですしね。

 

という訳で、今日もこちらはジメジメ肌寒~い天気ですが、

私の脳は堂々の晴天なり!

アラフォー、写真に写る現実が受け入れられない

フランスに来てからの数年、半引きこもり生活が続いていたため、身体も動かさないのに、子供達が学校へ行っている間、お昼を作るのが面倒でポテチをランチ代わりに一袋全部食べちゃったりしていたため、不健康に太り過ぎてしまいました…。

で、時々娘が私の携帯で盗み撮りをしている中に自分の写真が紛れ込んででもいようものなら、見るのもおぞましく即行削除して現実逃避していました。

 

でも、最近こちらでゆっくりと活動を再開した事もあり、否が応でも人と会う事が多くなり始め、少し身ぎれいにしようと思っても、ベースがかなり可哀想な事になっているため、悪あがきにしかなりません…。

 

そこで、色々な方がブログで、ダイエット頑張っていらっしゃるのを見ますし、私も一念発起、5キロ減を目指そうかと思い立った次第です。

 

狙いは、あくまで「道行く人が振り返るような美人」ではなく(無理なので)、「年齢相応で、人前に出ても恥ずかしくない容姿」です。まぁ、でも、目標はできるだけ具体的にした方がいいと、皆さんおっしゃるので、まずは5キロ減(二重顎が(目立た)なくなる程度が目安)です。

 

それからぁ~、実は、人生初で購入した浴衣が、あと2週間程で届く予定なんですぅ。

えっ?なぜ、突然季節外れの浴衣を買ったかって?

 

それが、次回、3月26日に開催予定の講習会のテーマが「茶道」なんです。

お点前をちょこっと披露する予定なんですが、茶道の歴史や露地や茶室の説明の準備をしていると、何だか着物でお点前したいなぁ、という欲求がムクムクと…。で、最初は中古の着物にしようかと思ったんですが、気に入ったものは洗濯機不可。保管も大変そうでした。ズボラな私はきっとシミ付けて…、虫食いされて…、カビが生えて…、1回着てサヨナラになるんだわぁ…、という気がして、諦めました。

浴衣でお点前というのも、ちょっと変ですが、何と言ってもそこは外国の地、少しでも和の雰囲気を味わって貰えれば、本望という気持ちで決めました!丸洗い可で、綿100%。これなら機会がある毎に(←あるのか?)着られそうですしね。

 

柄は子供たちが、ママに似合いそうと言って選んでくれた物です。せっかく着るなら、肉親の欲目でいいから「ママ似合うね。」と思ってもらいたいですしねぇ。

 

という訳で、講習会までには何とか少し痩せたい!20日間で5キロは難しいかなと思うので、せめて3キロ。頑張りまする。

 ちなみに、現時点で身長163cm、体重…67.5㎏です。

まずは、間食をやめて、毎日歩くようにしてみま~す。

効果がなければ、段階的にシビアにして参りましょう。

 

脊髄性筋萎縮症(SMA)向け新薬RG7916、臨床試験フェーズ2への参加者の募集が始まりました。

Roche社がアメリカ、オーストラリア、とヨーロッパの国々でSMAのための新薬の臨床試験フェーズ2を開始します。3種類の臨床試験が予定されており、いずれも試験期間は薬の用量を決定する12週間+24カ月間の予定です。

一つはFirefishとよばれ、こちらはSMA1型の乳幼児50人を対象にアメリカとフランスで行われ、もう一つはSunfishで2才から25才までのSMA2型、3型の患者200人を対象に、最後の一つはJewelfishとよばれ、こちらは同薬で治療を受けた方が対象の様です。

 

 

www.sma-europe.eu

フランス、ドイツ、イタリアでは、すでに募集が始まっているようです。

Search of: Hoffmann-La Roche SMA - List Results - ClinicalTrials.gov

 

昨年末アメリカで承認されたSPINRAZAは脊髄注射による治療で、高い技術が必要となるため、治療が可能な施設がまだそれほど多くない状況ですが、このRoche社の新薬RG7916は飲み薬のようなので、こちらの効果が証明されればきっとより多くの医療機関での処方が可能になるかと思います。

 

日々新薬開発と試験に携わって下さっている方々に感謝しつつ、

今日も希望をもって過ごしています。

 

手の甲にまで「老け」が進行しだした件

約1週間前、車を運転している時に、ふと自分の手を見てギョッとしました。

 

もともとズボラで、容姿が気になるはずの若い頃でさえきちんと鏡も見なかった私でしたが、フランスへ来て半引きこもり生活が続いたせいで、ほとんど自分の顔を直視せずにここ数年参りました。

 

でも自分の顔は、見ようとしないと見えませんよね。なので、いかに可哀想な事になっていても、気にしなければそれで済みます。しかし、手となると…。

 

いつか、樹木希林さんが若い頃に老け役をやる時は、必ず手袋をしていたという話しを聞きました。若い人の手は、ピチピチして綺麗だから、隠しておかないとそこから若さが出てしまうからだと…。

 

私も、とうとう、隠さずとも老け役ができる年になってしまったか…。(学生の頃は演劇が好きで自作自演をした事もありました。)と愕然としたわけです。齢43才にして、気が付くと私の手の甲はハリを失くし、ふにゃっと弛み、細かいシワが一面に…。

とは言え、ズボラでケチな私。高価なクリームを買ってもきっと続かないだろうし、続いたとしても効果があるという保証もないし…。

 

という訳で、こちらのスーパーで買える、普通のお手頃価格の保湿クリームを買って参りました。

f:id:yamatopiece:20170223212015j:plain

これを朝晩(忘れない時には)手に塗ってみようと思います。

何でも使用始めて3週間後には「しっとり感が41%アップ」、「柔軟さ(肌が柔軟って?ハリの事?Souplesseのいい訳お願いします)が62%アップ」、そして「柔らかさ(こちらはDouceur)が86%アップ」するそうです。

 

さて、私もその効果実感できるでしょうか?

それとも、こんな気休めは何の役にも立たないほど、手遅れ状態だったりして!

 

一応記録のために自分の手の写真を撮ってみました。

f:id:yamatopiece:20170223212801j:plain

このまま1カ月ほど、この安価なクリームを試し、その効き目のほどをご報告したいと思います。これで、多少でも改善されれば儲けもの。

乞うご期待!

半引きこもり生活、脱出記念(3)

前回、めでたく「乗り越える価値のある障害」に認定された、日本文化講習会。第二弾の「歴史が育んだ建築美」も無事終了しました!

 

でも、こちらは、前回の「和紙と折り紙」と比較すると、範囲が広い上に準備期間も短く、また大変でした~。(ウフフ)

「日本の建築」と一言で言っても、ご存知の通り、法隆寺から現代建築まで本当に色々あり、自分の好みで選ぶにしても1時間の講義に収めるための取捨選択はとにかく難しい!そこで、今回は、建築も、文学や美術と同様、時代背景が反映されているので、歴史に沿って紹介する事にしました。

 

日本の始まりから、という事で神話の時代まで遡り、大国主命を祀る出雲大社から始まり飛鳥、奈良、平安とそれぞれの時代とその建築様式の特徴を説明しながら実在の建造物を紹介する形で10カ所話し終わった所でちょうど1時間。残りの30分は、旅行に役立つ簡単な日本語を紹介して、それを使ってお菓子とお茶を注文し(どら焼き作りました!それも栗入り!)、それを頂きながら、厳島神社の動画を見て終了~。

 

気になる参加人数は8名+サポート2名の計10名!前回の講習会に参加した方2名もご参加頂き、前回比+4名と相成りました。

 

やってみた感想は…、前回に勝るとも劣らない感動の連続でした!!

準備には数倍の時間がかかりましたが、その分学ぶ事も多く、改めて自分の中に息づく大和人の心を発見しました!

 

大陸の影響が最小限になった時に、日本独自の美的感覚や価値観に深く根付いた芸術、文芸、文化が花開き、それが現代の日本人にも知らず知らずのうちに受け継がれているという不思議さ。

 

私が、このフランスという外国の地でも、移ろいゆく季節を彩る草花に心が潤い、自然の大きな営みの中で自分の小ささや命の儚さを思い、人や生き物の存在を愛おしく感じたりするこの気持ちは、私特有の気持ちなどではなく、多くの日本人が太古の昔から共有し、大切にしてきた価値観なのだという事を再認識させられました。

 

万葉集の和歌が1200年以上経った今でも、しっくりと私たちの心に馴染み、そして響くのは私たちが日本人である証拠なのだと思います。

春されば まづ咲くやどの梅の花 独り見つつや 春日暮らさむ 山上憶良 (万葉集 巻5.818)

春が来ると、我が家でまず咲く梅の花。たった独りで眺めながら春の日をおくるのだろうか。

山上憶良は、この歌を詠んだ大宰府で、二年前奥さんを失くしていたそうです。

 

そして準備の楽しさもさることながら、講習会当日も、フランス語は下手ですが、皆さん一生懸命聞いてくださって、質問も飛び交い、こちらも、とても楽しい時間となりました。私のお手製のどら焼きについても、「これはどこで買えるの?」と尋ねる方までいらっしゃいました!

 

自己満足で終わらないためにも、参加して下さった方々の反応も気になるところですが…。こちらも、幸い好評でした!続きはいつするのか、というありがたいお言葉も出ました!

そして次回講習会への予約状況ですが、現時点ですでに4名頂いています。

自分が好きな事を一生懸命して、それで喜んでくれる人がいるというのは、本当に励みになるものですね。またもや感謝感激です。

 

この気持ちを大切にして、第3弾「茶道」も頑張ります!