少し春めいてきましたね。手持ち無沙汰な時、温かいお茶のお供にでもして頂ければ、うれしいです。

SPINRAZA™ (nusinersen)が日本でも承認されました。

去る7月3日、先月のEUに続き、日本でもSpinrazaが承認されました。

www.biogen.co.jp

現時点では治療対象となる患者さんは乳児型SMA(1型)との事ですが、2型、3型についても審査中との事です。

 

また、7月4日には、カナダでも承認されました。こちらは5qSMAの患者さんにのみ投薬可能との事ですが、Biogen社によると、SMAの患者さんの95%が5qであるとの事です。

www.newswire.ca

Biogen社はすでにオーストラリア、ブラジル、スイスでも承認申請済みで、2017年度中にはその他の国でも申請がなされる予定との事です。

 

長年に渡る研究開発、試験に携わってきてくださった多くの関係者の方々とサポートがあっての今日です。

 

それらの皆さんの絶えない努力に感謝しつつ、治療法が早く見つかるよう心待ちにしていらした患者さんの一人でも多くが治療を受けられるようになり、1日も早く症状が軽減されますように。

 

脊髄注射にはリスクも伴いますが、注射嫌いの我が息子も、ようやく気持ちの準備ができ始めています。次回の診察の際には治療について相談したいと思っています。

 

これからが新たなステージです。何か進展があれば、どなたかの参考になる事を祈って、またお知らせします。