少し春めいてきましたね。手持ち無沙汰な時、温かいお茶のお供にでもして頂ければ、うれしいです。

「老け」が進行していた手の甲の現在

あれよあれよ、と言う間にハンドクリーム試用期間が1か月を過ぎました。

さて、気になる結果ですが…(気になってるのは自分だけです。多分この一カ月前の記事を読んで下さったのは、お二人ほど。)

yamatopiece.hatenablog.com

では、早速BEFOREアンドAFTERで比べてみましょう!!

 

f:id:yamatopiece:20170223212801j:plain

BEFORE

f:id:yamatopiece:20170401181751j:plain

AFTER

よよ?どうですか?

心なしか手全体がふっくらして、血管も目立たなくなってますよね!

肌もなめらかになったような?これって改善されてるって事でいいんじゃないですか?

 

まぁ、年が年なので、10代20代のピチピチには戻れませんが40代切った位には見えるかも?

 

とは言え、40代の平均的「手の甲」も30代の平均的「手の甲」も、よく存じておりませんし、肌のキメやら調べる拡大鏡などもございませんので、全くの目分量的な評価ではありますが、大切なのはズボラな私が、時々忘れながらも、毎日朝晩に安価なクリームを付けた結果が、「ちょっと改善…?」という結果に至ったという事です!

ただ、ちょっと怖いのは「ここでやめたら、2日で元通りになるかも」、という事。あの、1日の不摂生が1週間のダイエットの効果を台無しにしてしまう威力があるのと、同じです。

yamatopiece.hatenablog.com

「老け」に抗うには、やはり日々の努力あるのみという訳ですか。

ズボラな私には厳しい現実です。日々コツコツが苦手なのです。締め切りギリギリになってからしか得られないあの緊張感と、極限化で到達する集中力。そして、徹夜後、ようやく仕事を終えた時の達成感と脱力感。この繰り返しで生きてきたんです。でも、「変わらなきゃ」と、思わせてくれたのは母の一言。

数日前、電話で母が

「この間、○○ちゃんにおーたがいけど、まぁ、いいおばちゃんになってしもて…。名前言わっしゃっても、昔の面影もな~んもな~なってしもて…。上野駅であんた見た時も、どこのおばちゃんかいな、思たもんね。ハッハハ…」

そう。手遅れかもしれません。でも40代前半、ここが「老い」に抗う最後の砦なのかもしれません。自分の中に、まだ少しでも若い頃の余韻が感じられる今!今こそ戦わなければ!

 

さぁ、ここで、熱くなった心を少し冷やして、冷静に考えて見ましょう。

手の甲は、チョコっと改善(?)した。あとは顔か…。(お腹や、その他色々あるけど、これはクリーム塗る位じゃどうにもならないので、あえて言及しません。)

そして、チラッと例の安価のクリームに目をやると、私の心を見抜いている様に不敵な笑みをこぼしながら…

f:id:yamatopiece:20170401183426j:plain

「Ne pas appliquer sur la visage.(顔には塗らないでください)」との注意書きが…。なぬ!?

 

これって、「こっちは安いクリームだから、顔には効果ないわよ~。顔には顔専用の高いクリームを買ってね」という事なのか、それとも

「こっちあくまで手専用よ。顔に塗ったら大変な事になるから!」なのかが分からない…。

 

顔には現在日本製の化粧水やら乳液やらを洗顔後に使っていますが、効果のほどは分かりません。最近、老眼が入ってきているせいか、現状維持できているのかもよく分からないし…。

 

…お~っ、もしかして!これは自然の恵みなのかもしれませんよ~。

だって、老眼で近くが見えなくなると、鏡に顔を近づけるに従って焦点が合わなくなり、細かいシワやシミが見えなくなりますもんね…。

イヤイヤ、自分が見えないからいいという物でも…。

老眼が私などよりもっと進んでいるに違いない74歳の母が「いいおばちゃん」と評価を下す位だから、原因はちょっとのシワやシミではないはず。

やはり全体の弛みとか、歪みとか、むくみとか…。

お、恐ろしい…。一体どういう変化を遂げているんでしょうね…。

 

イヤイヤ、過ぎ去りし怠惰の日々を考えるのはやめましょう。

とにかく、前を向いて。目標は、「あわよくば、ちょっとの改善。」です!

 

あとは、一日、一日、何か一つは自分のため、家族のため、周囲のためにいい事をして、大切な瞬間を重ねていく事で、幸せに年を重ねていけば、皺くちゃでも可愛いお婆ちゃんに…?

 

また、もう、諦めるのか!攻めじゃ!戦じゃ!アンチ・エイジングじゃ!