Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe
少し春めいてきましたね。手持ち無沙汰な時、温かいお茶のお供にでもして頂ければ、うれしいです。

カマキリ

自然 思う事

虫は好きですか?

私は小さい頃から虫が苦手でした。

虫と言ってすぐに思い出すのは、夏。近くの神社の境内で蝉取りをする子供たち。

網の中で「ジー、ジー」と音を立てて、羽をバタバタさせる様子。

真っ黒い小さな眼が、時々光を反射して白い点が浮かび上がるところ。

子供心に、恐怖を感じていました。

あとは、昆虫の標本作り用の薬品を入れた注射器も覚えています。

誰が持っていたのか、記憶が定かではありませんでしたが、

自分が使うわけでもないのに、何か悪い秘密を見てしまった様な気がしました。

 

それに追い打ちをかけるように、色んな昆虫に関する情報や映像が、いつの間にか、「今に、立場が逆転する。巨大化した昆虫に襲われる。」、と想像力が暴走し始め、

思春期を迎える頃には、モンシロチョウも嫌いになりました。

 

でも、大人になって、田舎を離れ、虫と遭遇する事も少なくなり、虫への恐怖心も徐々に薄らいできました。

 

そして、親になり、子供の可能性がどこにあるか分からない時に、

親の好き嫌いで、子供の興味を制限してはいけないと思い、できるだけ中立の立場をとる努力をしてきました。

「蜘蛛がいる~っ」

『ひぇ~っ、蜘蛛!かなり大きいし…』と思いながらも

「あら、本当。家の中が暖かいから、どこからか入ってきたんだね。逃がしてあげよう。」とできるだけ平静を装って、旦那の所へ助けを求めに行く。

「天井に何かとまってるよ~」

『ひぇ~、あの目の玉のような模様。何とかして~』と思いながらも、

「あら、本当。蛾ね。大丈夫、刺したりしないから。」と、まったく動じていないふりをして、旦那の所へ…。

 

そうこうするうちに、自分で自分のマインドコントロールに成功したのか、本当にあまり怖くなくなってきました。

 

そして一昨日。娘が、人生初の遭遇を果たしました。

「ママ~、何かいる~っ!」

「何何?」

「ここ、ここ、見て~!」

「おー、カマキリじゃない。カッコイイね。」

 f:id:yamatopiece:20161102021645j:image

「カッコイイ」。そう、昆虫を前に、旦那にも使わない誉め言葉を使ったのです!

人間、ここまで変われるものかと、我ながらアッパレです。

苦手を克服する事って、案外、不可能じゃないかもしれません。

 

まずは、克服しなければならない理由を自分に言い聞かせて、

あとは、「だいじょーぶ、だいじょーぶ。落ち着いて、落ち着いて。」と自分に言い聞かせるのです。

すると、あれ不思議、ある日、突然、苦手だったと思っていた物や人の魅力に気が付いた自分を発見し、新しい世界が広がるのでした~。めでたし、めでたし。

 

でも、やっぱり蛾の羽や腹の模様は、今でもゾゾゾゾゾォォォォ~。

f:id:yamatopiece:20161102022426j:plain

お好きですか?

Remove all ads